<インフルエンザ>患者報告数2週連続で減少(毎日新聞)

 厚生労働省は12日、インフルエンザの定点医療機関(全国約5000カ所)調査で、1〜7日の1施設当たりの患者報告数が4.26(前週6.46)だったと発表した。2週連続の減少で、注意報レベルとされる10を超えた都道府県は、山梨(10.70)、福井(10.53)、沖縄(10.12)だけになった。新型以外の季節性インフルエンザの流行は確認されていない。

 一方、海外メーカー2社から輸入された新型ワクチンは12日、4都県で一般向けに136回分が初出荷された。厚労省によると、医療機関からの希望が少ないため、次回以降の出荷予定はない。国産ワクチンも、15日出荷分は供給可能量の半数以下の約72万回分にとどまるという。【清水健二】

子守唄で児童虐待防止 母性愛、育児の知恵…全国キャラバン展開(産経新聞)
<公務員改革>次官・局長の部長級への降格容易に…政府方針(毎日新聞)
相武紗季さんが追突事故=信号待ちの車に、けがなし−東京(時事通信)
会計士きょうにも逮捕 GWG買収 脱税の疑い(産経新聞)
利用客の本人確認義務化=ネットカフェ条例案提出へ−全国初、罰則も規定・警視庁(時事通信)
[PR]
by 6nyiczweeq | 2010-02-19 15:36